株式会社トーホー 2007年入社 コーヒー製造(焙煎) 村田 勇樹

世界から日本人に合うコーヒー豆を探し出しています。

万全の品質・鮮度管理をおこないながら、選び抜かれたコーヒー生豆を最高の状態に仕上げています。

仕事内容の紹介

toho coffeeは、最高のコーヒー豆を求めて常に世界の産地から日本人に合うコーヒー豆を探し出しています。私は兵庫県神戸市の『六甲アイランドコーヒー工場』で勤務しています。工場では、コーヒー豆の選定やブランドの設計・品質管理を行う「Qグレーダー」[※]と、積み上げたデータ・技術・五感を駆使する「焙煎士」が連携して、万全の品質・鮮度管理を行いながら、選び抜かれたコーヒー生豆を最高の状態に仕上げています。

私は焙煎士として、現地で収穫された生豆に熱を加え、生豆に含まれる成分に化学反応を起こし、普段私たちが飲んでいる苦味・酸味・香りなどの本来のコーヒー生豆が持つポテンシャルを最大限発揮させることが仕事です。

焙煎は火のかけ方1つで大きく味が変わり、とてもシビアで難しい作業ですが、その分とてもやりがいのある仕事です。現状の味に満足することなく、美味しさはもちろん、常に品質の向上を目指しながら日々仕事に取り組んでいます。

[※] Qグレーダー:SCAA(米国スペシャリティコーヒー協会)が定めた基準・手順に則ってコーヒーの評価ができるとCQI(コーヒー品質協会)が認定した技能者のこと。

就職活動をする皆さんへ一言

就職活動では、さまざまなジャンルの企業を見ることが大切だと思います。
私自身、この経験で大きく視野が広がり、就職活動を通じて成長できたと感じています。

面接ではあまり自分を大きく見せようとせず、リラックスして等身大の自分を見せることができれば、きっと自分自身に合った会社に就職できるはずです。頑張ってください!!

プロフィール

氏名:
村田 雄樹(むらた ゆうき)
所属:
(株)トーホー
職種:
生産・製造管理(コーヒー製造)
入社:
2007年
出身地:
鹿児島県

プライベート

人生のモットー

「人との出会いを大切にする」
出会いは、自分を成長させてくれると考えながら、日々過ごしています。

趣味・休日の過ごし方

趣味のサッカー観戦に没頭しています。関西や地元九州での試合はもちろんのこと、昨シーズンは初めて関東まで観に行きました。目標は、Jリーグの全スタジアムを制覇することと、本場ヨーロッパへも観戦に行くことです。

私の学生時代

勉強はほどほどに、サークル活動中心の学生生活でした。福祉系のボランティアサークルに所属していたので、レクリエーションを通じて大学近くの子どもたちや養護施設を訪れ、さまざまな交流をしていました。
この4年間のサークル活動で学んだ経験は、私にとって大変貴重なものとなりました。

一日のタイムスケジュール

出社前
4時30分起床、朝は時間にゆとりを持たせるように早めに起きることを心がけています。
出社時
6時20分に出社。当日の生産計画と焙煎計画の最終確認を行います。
午前
全ての生産工程(ブレンド・粉砕・包装など)がスムーズに行えるように焙煎していきます。
午後
明日の生産計画を確認し、焙煎を行っていきます。
退社前
コーヒー工場は時差出勤を導入していますので、遅出の社員と明日の打ち合わせを入念に行い、しっかりとコミュニケーションをとります。
退社後
退社後はあまり仕事のことを考えず、ゆっくり休養して翌日に備えます。

PAGETOP