toho group way 大切に守り続けること

「toho group way」は、トーホーグループが未来永劫、変えてはならない会社の考え方や使命、価値観、目指す姿などを体系立ててまとめたものです。
会社が未来に向かって成長し続けるためには、「会社は何のために存在するのか」「会社の社会的使命は何か」、これらを明文化し、浸透させ、グループ全員で共有し、グループ全員が同じ方向へとベクトルを合わせていく必要があります。

「toho group way」ではトーホーグループの「使命」「価値観」、そしてグループ全社員が大切にしたい思いや考えを46の「こだわるこころ」として明文化しています。
私たちは、「こだわるこころ」が自分のこととして腑に落ちるよう、毎日の朝礼などで読み合わせを行い、浸透を図っています。
トーホーグループは「toho group way」を拠り所に、グループ全員のベクトルを合わせ、持続的な成長、永遠の会社存続を目指します。

トーホーグループ 理念体系

philosophy

理念体系のイメージ画像

「こだわるこころ」

  • 挨拶はコミュニケーションの基本
  • 「認める、信じる、任せる、褒める」の実践
  • 社員の成長なくして会社の成長なし
  • 見える報酬と見えざる報酬
  • 遠慮は無用、配慮は必要
  • 本音で勝負
  • 従業員満足なくして顧客満足なし

など、46の「こだわるこころ」を掲載

PAGETOP